ホーム » 債務整理を相談すべき相手とは? » 司法書士に依頼する債務整理のメリット

司法書士に依頼する債務整理のメリット

債務整理を考える時、先ず弁護士と司法書士の違いを把握することが大切です。
借金問題を解決する専門の事務所には二つあります。
一つは法律事務所で、もう一つは法務事務所です。
同じ債務整理の相談と解決に対応する法律家ではあるのですが、前者の法律事務所は弁護士しか名乗ることができず、後者の法務事務所は司法書士の事務所となります。
一文字違いですが、そこには大きな違いがあります。
双方を比較した場合に違いでみえてくるのは費用と対応範囲です。
裁判や交渉など様々な法律相談で可能なのは弁護士です。
一方、司法書士は債務の総額が140万円を超えると対応できないことがあります。
また、債務の総額か1社あたりの借金の金額かで相違もありますが、対応範囲に違いが出てくることがあります。
そんな司法書士に依頼するメリットは費用の安さ、身近な法律家である点です。
街の法律家として不動産購入の手続きなどでも利用する場合も多く、弁護士事務所よりも足を運びやすい面があります。
債務整理を依頼する場合、認定を受けた事務所を選ぶことです。
法務省の認定を受けたところでのみ対応できるので、事務所選びの目印になります。
借金を抱えている場合はどれだけ費用が掛かるのか、お金の悩みをさらに膨らませることになります。
債務整理の相談・解決を掲げる司法書士事務所では費用の分割に対応し、総体的に弁護士に依頼するよりも安くつきます。
実際の解決までの流れも即日で取り立てを止めることができます。
具体的には受任通知の送付で止めることができるのですが、その点の対応力では弁護士と比較してもあまり変わりません。
任意整理の他、民事再生や自己破産など、あらゆる借金問題に対応しているところも数多くあります。
債務整理はどのような方法を望んでいるのかでも相談先が違ってきます。
借金の額が多い場合や裁判が必要となる場合は弁護士の方が有利ですが、少額のケースや過払い金の請求や任意整理など解決方法を絞っているのであれば、司法書士での相談が良いでしょう。