ホーム » 債務整理を相談すべき相手とは? » 家族に内緒で債務整理をすることは可能か

家族に内緒で債務整理をすることは可能か

借金を抱えている人は日本全国にたくさんいらっしゃいますが、そのほとんどの人が自力で返済をしようと頑張っています。
そしてその中には自力返済をすることがままならず、毎日借金の返済で苦しい思いをしている人もいるのです。

自力で返済が無理そうだと感じた時点で債務整理という方法を利用することが大切なのですが、ほとんどの方がギリギリまで自力で返済しようと頑張ってしまいます。
その結果、債務整理の中でも自己破産という形になってしまう方が多くいらっしゃるのが現状です。

債務整理に対して躊躇してしまう理由のひとつに、借金そのものを家族に知られたくないという債務者の心理があります。債務整理を家族に内緒ですることなんて無理だろうと思い込み、なかなか最初の一歩を踏み出すことができません。
しかし、債務整理は家族に内緒で進めていくことも可能です。
司法書士のような法律の専門家には「守秘義務」が課せられていますから、相談者本人以外にその相談内容を話すことはできませんし、家族に内緒で行いたい旨を最初の段階でしっかりと意思表示しておけば、家族にも知られないように処理を進めてくれるのです。

また、司法書士に払う相談料は費用、成功報酬が払えないから、という理由で躊躇してしまっている方もいます。でも、このような借金問題の場合には相談料は無料で行っている法律事務所も多いですし、費用は報酬に関しては原則後払いに対応しています。債務整理を行い、生活を立て直していく中で少しずつ分割で支払えばOKである場合がほとんどなのです。

債務整理にはいくつかの種類があり、任意整理のようなより軽微なもので対応することができれば、整理後の法的な制限も最小限に留めることも可能です。ですから、借金の自力返済に限界を感じているけど上記のような不安からなかなか法律相談に足が向かない、という方でもなるべく早く司法書士などの法律の専門家に相談するようにしてください。