ホーム » 債務整理の違い » 個人再生、債務整理、自己破産、どう違うの?

個人再生、債務整理、自己破産、どう違うの?

債務整理は法律を利用して借金を減額させたり、全ての債務をゼロにする事が出来るなどの借金問題の解決の方法です。

債務整理は法律を利用することからも、弁護士などの法律の専門家に依頼をして行うケースが多いのが特徴です。
しかし、債務整理には裁判所を利用して手続きを行う自己破産や個人再生のなどの手続きと、裁判所を利用する事無く手続きを進めることが出来る債務整理などの方法が在ります。

どの方法を利用して借金問題を行うのかは、依頼を行った弁護士が決めてくれます。

任意整理の場合は、現在の借金を減額させること、そして減額後の債務の金利の見直しを行って、一定期間の中で返済を行う必要が在るため、収入がある程度在る人のみが任意整理を利用することが出来ると言うことでもあるわけです。

しかし、問題を抱える人の中にはリストラなどを受けてしまい、返済能力がゼロに等しい人もいます。
任意整理は一定の収入が在る場合に利用することが出来る債務整理になりますが、返済能力がゼロに等しい場合には任意整理を利用して借金問題を解決する事は出来ません。

この場合は、再場所に対して破産の申立を行い、裁判所が認めた場合に自己破産での手続きを行うことが出来るようになります。
因みに、自己破産による手続きの場合、マイホームを所有している場合には、マイホームを手放さなければなりませんが、個人再生の手続きや任意整理の場合はマイホームを所有していても、そのままの状態で借金問題を解決する事が出来ると言った特徴が在ります。

尚、個人再生の場合も自己破産と同じく裁判所を利用して手続きを行うのが特徴ですが、個人再生の場合は裁判所に対して再生計画を提示して裁判所が再生計画を認めた場合に債務整理を行うことが出来ると言った特徴が在り、弁護士に依頼をする事で裁判所に対する破産の申立、再生計画を提示するなどの業務を全て請け負ってくれるため、債務整理をする人は弁護士に全ての業務を委任する事が出来ると言った特徴が在ります。