ホーム » 債務整理を相談すべき相手とは? » 弁護士による債務整理と過払い請求

弁護士による債務整理と過払い請求

最近はよく過払い金という言葉を耳にするようになりましたが、長く返済を続けてきた人の場合には、過払い金が発生していることが少なくありません。これは利息を払いすぎている場合に発生するもので、借金の返済先に対して返還を求めることが可能です。
では似たような意味合いで使われることが多い言葉として、「過払い請求」と「任意整理」がありますが、その違いはどこにあるのでしょうか。
過払い金は借金を完済している場合に使われることが多く、そのため払いすぎた利息分の返還を請求することになります。これに対して債務整理の場合は、現在も借金の返済を続けている場合が該当します。
過払い請求も債務整理も、どちらの場合も弁護士などに依頼して、過払い金の有無を調べてもらうことになります。
弁護士は過払い金が発生しているかどうかを確認してくれますので、もし過払い請求や債務整理が可能なら、対応を依頼することができます。
もし借金を返済している人に過払い金が発生していることがわかれば、債務整理をすることで、払い続けている借金の金額を減らすことができます。また完済している場合には、過払い請求を起こし、払いすぎた利息の返還を求めることができます。
ひとつだけ気を付けておきたいことは、こうした過払い金の返還を求める際には、請求する期限が定められているということです。最後の返済から10年を経過してしまうと、時効を迎えるため、請求する権利を失ってしまいます。時効を迎えてしまうと、一切の返還を求めることができなくなってしまうため、十分に注意することが必要です。
借金の返済を続けている人の場合には、何らかの過払い金が発生している可能性が高いといえます。けれども返還を請求できるのには期限があり、時効を迎える前に返還を請求することが大切です。
借金を抱えている人の場合は、調査に時間がかかる場合もあることを考慮して、できるだけ早いうちに弁護士に相談することが得策であると言えるでしょう。