ホーム » 個人再生 » 個人再生の手続きに必要なこと

個人再生の手続きに必要なこと

借金の額が大きく膨らんでしまったという人によく見られるのが、借金を返済するために新たに借金を作ってしまう自転車操業の状態に陥ってしまうことです。たしかに新たに借金をすれば他の借金の返済をすることが可能になります。しかし、これはあくまでも一時的なもので、このような自転車操業というものはいつまでも続けられるものではありません。
自転車操業をするために借金を繰り返すということは多重債務者となってしまうことなので、やがては返済に完全に行き詰ってしまい自力では到底返済しきれない債務を抱え込んでしまうことになります。万が一、多重債務の状況に陥ってしまい、その返済に行き詰ってしまったときには速やかに自治体の相談窓口や弁護士などに相談をして一刻も早く何らかの対策をすることが肝心です。
多重債務などの問題を解消するに当たっては、その手段として債務整理の制度があります。この債務整理の制度には債務による困窮の度合いに応じたいくつかの手続きがあります。特に多額の債務を抱えてしまい、到底債務の返済を仕切れないという場合には自己破産をするという手段がありますが、債務が免責されるというメリットがある反面で自宅などの財産を処分しなければならないという大きなデメリットもあるので、自己破産をするのはあくまでも最終手段としての位置づけとなっています。
債務整理には自宅を手放さずとも、債務の整理を行える方法がありますが、その方法のことを個人再生といいます。個人再生では、裁判所に対して今後の返済計画を提出し、それが認められれば債務の額を原則として5分の1程度に減らしてもらうことが可能になります。
個人再生の制度を利用して債務の整理をするにあたっては、管轄する裁判所への申立書、再生計画案などの書類が必要になります。このような必要書類の作成に関しては司法書士や弁護士などが代行をしてくれるので、多重債務に陥ってその対応に苦慮をしている場合などには迷わずに相談をするようにしましょう。