ホーム » 債務整理を相談すべき相手とは? » 個人再生を相談する弁護士の選び方

個人再生を相談する弁護士の選び方

個人再生は、債務整理の中でも最も難しい手続きであると言われています。個人で行うことも不可能ではないですが、弁護士に依頼をすることが一般的です。

弁護士を選ぶ時は、過去の実績を重視しましょう。「債務整理に強い」、「債務整理の実績が豊富」な法律事務所を選んでおけば良い弁護士にあたる可能性が高いです。任意整理や自己破産に比べると、個人再生は行なわれる数が少なくなっていますが、その割りに手続きが複雑で最も難しいと言われています。そのため、債務整理の中でも特に個人再生の実績が豊富である法律事務所を選ぶようにするとよいでしょう。

現在はホームページを持たない会社はほとんどありません。ホームページが手抜きされていないか、訪問者の知りたい情報がきちんと記載されているか、料金体系は明確であるかなどをチェックしておきましょう。特に料金については相場から大きく離れていないかを確認しておくことは重要です。

借金の返済に困ったら、まず検討するのが任意整理です。任意整理は比較的簡単な手続きで、デメリットも少ないです。しかし、減らせるのは利息や遅延損害金だけであり、元本は減らすことができないので、任意整理で解決できない場合には他の方法を探す必要があります。

自己破産では、借金をすべて帳消しにすることができます。強い効力を持つ半面、資産をすべて失うことになったり、長い期間ブラックリストに載ってしまうなど、デメリットも大きいです。

個人再生を選ぶ人というのは、任意整理では解決することができず、住宅を残したまま借金を整理したいという人が多いです。あるいは、自己破産をすると一定の職業に就けなくなるという理由でこちらの手続きを選ぶ人もいます。

しかし、債務整理のうちどの方法がベストなのかは素人ではなかなか判断の難しい問題です。自分では個人再生がベストだと思っていても、最初からその方法一本に絞ったりせず、専門家と相談をしながらどの方法がベストなのかをよく考えてみましょう。