ホーム » 債務整理を相談すべき相手とは? » 債務整理が得意な専門家の選び方

債務整理が得意な専門家の選び方

借金でお困りの方
まずは一度、専門家に相談すべきです。

リストラによる生活苦からの借り入れ、事業の失敗による借り入れ、あるいは、
ギャンブルなどの浪費が原因となった借り入れなど、債務が膨らんだ原因は、人によって異なりますが、
借り入れの原因がどのようなものであっても、法律の専門家の力を借りることで、借金問題は必ず解決できます。

とはいえ、どの専門家に相談すればいいのか、専門家の選び方がよく分からない、という方も少なくないでしょう。

そこで、まずは、法律の専門家である弁護士と司法書士の違いから説明します。

弁護士は、任意整理、個人再生、破産を問わず、債務整理の全てについて、あなたの代理人として活動ができます。
特に、破産手続や個人再生手続は、裁判所が代理人として認めるのは弁護士だけです。
したがって、弁護士に依頼すれば、裁判所の手続にあなたに代わって出頭したり、
裁判所に一緒に同行してもらうこともできます。

一方、司法書士は、破産手続や個人再生手続に必要な書類の作成は出来ますが、裁判所が司法書士を代理人として
認めることはありません。したがって、司法書士のサポートは受けられるとしても、裁判所の手続きについては、
あなた自身のみで出頭する必要があります。

そのため、債務の額が多く、破産や個人再生手続といった裁判所を利用する手続を希望する場合は、特段の事情が
なければ、弁護士に相談し、手続を依頼するほうが望ましいといえます。
他方で、債務の額が比較的少なく、分割返済を前提とする任意整理手続を希望したい場合は、司法書士であっても可能です。

では次に、数ある弁護士・司法書士の中から、どのような専門家に債務整理を依頼すべきでしょうか。

選ぶポイントとしては、

1:専門家が直接、時間を十分にとって面談をしてくれるか(事務員任せにしていないか)
2:解決法の見通しや、メリット、デメリットをわかりやすく説明してくれるか
3:費用体系をわかりやすく伝えてくれるか。また、法テラス(日本司法支援センター)による援助制度の利用や、
  費用の分割払いができるか
4:(ヤミ金から借りている場合)ヤミ金についても対応してくれるか

などが挙げられます。

債務整理の相談は、無料となっているところも多いです。

借金で悩んでいる方は、まずは一度相談をしてみることをお勧めします。