ホーム » 債務整理を相談すべき相手とは? » 借金問題を抱えたら相談できる機関に足を運ぼう

借金問題を抱えたら相談できる機関に足を運ぼう

借金を抱えると、生活に支障をきたします。
毎日お金の工面にばかり神経を使うようになり、
仕事や家族関係がうまくいかなくなります。

また、人付き合いも少なくなり、疎遠になってしまう場合もあります。
また、より厄介なのが、借金を返せなくなった時にくる、
債権者による取り立てや督促です。

法令により、取り立ての態様や時間には厳しい規制がなされていますが、
完全ではありません。場合によっては、職場にまで連絡が入ることもあります。
もし、職場に借金について知られてしまうと、
信頼をなくし、仕事を失ってしまいかねません。

そこで、借金について悩んでいる方は、弁護士に相談しましょう。
その理由は、弁護士が間に介入したことを債権者に通知すると、
取り立てがやむからです。これは、金融庁が定めているガイドライ
ンに規定があり、これに違反した業者は罰せられます。したがって、
確実に督促はやむこととなります。

また、弁護士は相談者のベストな解決方法を模索してくれます。
例えば、解決方法の内の一つに債務整理があります。

これは、私的整理と呼ばれるもので、
法的整理である民事再生手続きや破産手続きとはことなり、
当事者間の任意で行われるものです。
多くは、グレーゾーン金利を法定金利に引き直して、
債務者が借金を返済しやすいようにします。
また、過払い金が発生している場合には、その分が返還されます。

そのため、場合によっては借金がゼロになることもあります。仮にゼロにならないとしても、
債務の額を減額したり利息を返済しやすいように下げたりして、返済が確実にできるよ
うに交渉してくれます。任意であるため、債権者は過払い金の返還以外には応じる義務
はありません。しかし、債権者も、全く返してもらえないよりは確実に返済してもらえる方
が助かるので、応じることが多いです。

以上のように、弁護士は相談者の借金問題解決のため、債務整理などを行ってくれます。
また、債務整理にかかる費用や相談料を安くしてくれる方もいます。
そのため、返済に悩んでいるという方は、安心するためにも、まずは弁護士に相談してみましょう。