ホーム » 個人再生

カテゴリー別アーカイブ: 個人再生

個人民事再生とはどのような手続き?

当初の計画通りに借金の返済を続けられなくなってしまったようなときに、一番してはいけないのが借金の返済を続けられないといった状況をそのままにしてしまうことです。借金には利息が発生するので、返済しない状況が続けば続くほどどんどんと借金の額は膨らんでいきますし、最悪のケースでは財産の差し押さえなどの措置を受けることになってしまい、自宅などの大事な財産を失ってしまうことになるからです。
そのため、借金の返済が困難な状況になってしまったとき、多重債務を抱え込んでしまったようなときには自分ひとりでその問題を解決しようとするのではなく、専門的な知識を持った人に相談をするのが一番大切な行動となってきます。このようなケースでは弁護士や司法書士などへ相談をするのが今後の債務整理の手続きを進めていくことを考えると最善の手段となります。
借金の問題を抱えている人をそのような状況から解放するための制度として債務整理の制度がありますが、どの制度を用いて債務の整理を行っていくかについては債務による困窮の度合いに応じて変わってきます。特に困窮の度合いが強い場合には自己破産の制度を使って債務の返済を免責してもらうことになりますが、この場合、一部の財産を除いて自宅などの財産はすべて手放さなくてはならないので自己破産による債務整理は最終的な手段としての位置づけとなっています。
債務整理をすることによって自宅を手放したくないという人に向けては、個人民事再生という制度があります。個人民事再生では、今後の3年間の返済計画を立てたうえで、その返済計画通りに返済をすることができれば残りの債務の返済は免除されることになります。個人民事再生では自己破産のように自分の所有している財産を手放さずに債務の整理をすることができるので近年では認知度が上がっています。ただし、個人民事再生の制度を利用するには収入面などの点で制約があり、誰もがこの制度を利用できるというわけではありません。もしも、借金の問題を抱えており、その問題を解決したいのであれば弁護士などの専門家に相談をするようにしましょう。