ホーム » しっておくべき自己破産

カテゴリー別アーカイブ: しっておくべき自己破産

自己破産の前に相談して債務整理を検討しよう

借金を抱えていて返済できなくなった時は、債務整理、それも自己破産しかないのではないかと、何かしら絶望的な気持ちになりがちです。でもちょっと待ってください、その前にまずしかるべきところで相談をしてみましょう。きちんと相談をすれば、自己破産をはじめとする債務整理をせずとも、ローンの一本化勧められることもありますし、意外とそれですんなり借金を完済することもできます。
債務整理の窓口としては、弁護士や司法書士の事務所以外にも、役所の法律相談窓口や各都道府県の弁護士連合会、または司法書士会でも受けつけてもらえますし、日本貸金業協会やクレジットカウンセリング協会、消費者生活センターなどがあります。弁護士事務所を除き、これらのすべては無料ですが、予約が必要なこともありますので注意しましょう。また、収入が一定基準を満たさない人の場合は、法テラスもあります。法テラスでは弁護士や司法書士を紹介してくれますし、一時的ですが費用を負担してもらう民事法律扶助というシステムもあります。負担してもらった分は、後で分割で返済します。
一口に債務整理と言っても、その方法は様々です。借金を分割返済する任意整理もありますし、住宅ローンを残してそれ以外のローンを返済する個人再生などもあります。特に定収入があって、売却できる車などがある場合は任意整理がお勧めです。返済期間は3年から5年の間です。もちろん債務整理ですので、一定期間はローンが組めず、お金の借り入れもできなくなりますが、その間に自分の経済生活を建て直せばいいのです。また任意整理は、自己破産のように官報に載ったり、あるいは業種によっては一時期停職になるということもありません。
借金をして大事なのは、まず返済するということです。また、必ず返済しようという目的でお金を借りた人も多いことでしょう。そのような場合はまず任意整理を選んで、返済するように努力しましょう。それでも難しい場合は、弁護士や司法書士に相談すれば、自己破産に切り替えてもらうこともできます。